マイナスな感情について思うこと 2

人生、理不尽なこと、辛いことを沢山経験しますが、その時にすごく役立っている事柄をざっと書きたいと思います。
確か、「大草原の小さな家」という本だったかと思いますが、資金源になるはずの大事なとうもろこし畑がムクドリでほぼ全滅させられてしまったときに、父さんがムクドリを追い払う為に銃で撃って、パイにして食べたら、すごく美味しかったという出来事があって、「大きな損には、小さな得が付いてくる」(確かこんな言葉だったような)、と書いてあって、なるほど、と思いました。
それから、何かマイナスな事があると、この出来事にどんなプラスの事があるだろう、と考えるようになったと思います。
なので、すごい辛いことを経験しても、それで得られる強さとか優しさは、すごい価値があるし、ずっと残るんだ、と思います。