人生がマンネリだ、と感じる原因

ふと、なんだか自分の人生って、マンネリでつまらない、と思うことがあります。
充実して楽しい日々もあったのに、そう考えてしまいます。
そういうときは1つの原因として、もしかすると食生活にあるのかも、と思います。
ご飯はパンより腹持ちがいいので、仕事がある日は3食ご飯を食べています。
仕事がない日は朝ごはんにパンや、ホットケーキや、スコーンを食べています。
バターを買い忘れて、休みの日もご飯を食べた週があったのですが、その時に「人生って、マンネリだな」と思った気がします。
休みの日になぜパン食かというと、休みの日は途中で間食できますし、仕事の日より使うエネルギーが少ないこと、お腹が空くと続くお昼ご飯も晩御飯もおいしいく食べれることと、簡単なところも理由です。あと、甘い物とコーヒーか紅茶の朝食が好きなことです。
バターを買い忘れた週は、毎食ご飯だったのでお腹がいつもあんまり空かず、楽しみだった好きな朝食も食べれなかったので「人生って、マンネリ」に感じたのかも知れません。
だからと言って、休日の朝食のメニューを毎日食べていたらまず、仕事をするエネルギーが途中で切れますし、好きな朝食にも飽きてしまい、やっぱり「マンネリ」を感じると思います。
一つの原因かな、と思ったので書いてみました。